DVD買取付属品 > 悪徳業者ってホントにいるの? > DVD買取で悪質業者に騙されないために

DVD買取で悪質業者に騙されないために

DVD買取サービスを利用する際に、注意して欲しいのが、悪質業者の存在です。
悪質業者の中には、不当に安く査定した上、その査定額に満足しないで返品を求めた客に、返品にも応じません。
このような詐欺行為が増加傾向にあるので、DVD買取サービスを利用する際には悪質業者に騙されないようにしなければいけません。

悪質業者の詐欺の手口

ではDVD買取サービスを利用する際に、悪質業者に騙されないようにするために、詐欺の手口について紹介します。
まず宅配買取での被害が多く、ネットで無料見積もりを申込んだ時点では、相場価格よりも高額な査定金額が提示されます。
そしてその時は、問題なく査定額が口座に振り込まれます。

この時点で、この業者は信用しても大丈夫だと、利用者が思うのは無理はありません。
ですが問題はここからです。
業者から後日連絡があり、買取価格7%アップキャンペーンを実施している事を案内されます。

前回高価買取してもらい、今回はさらに7%アップする訳ですから、お得ですよね。
当然利用者は、再度宅配買取のサービスを利用します。
ですがこのキャンペーンでは、査定結果の報告は行われない事になっています。

でも前回査定で高価買取してもらったので、大丈夫だろうと判断してそのまま申込みを行います。
すると今度は、査定結果が報告されないまま、口座に振込みされますが、その振込金額があり得ないぐらい安いのです。キャンペーンの査定金額報告不要に承諾した事になるので、査定額が安すぎても売買契約が成立し、返品される事はありません。

しかも悪質なのが、被害総額が10万円以下という点です。
もしもっと被害総額が高額であれば、弁護士を雇って裁判を起こされる可能性もあります。
ですが10万円以下なら、弁護士に支払うお金の方が高くついてしまうので、泣き寝入りするしかないのです。

このような悪質業者の被害にあったら、泣き寝入りする前に、警察や消費者センターに相談しましょう。
お金が戻ってくる保証はありませんが、被害件数が増えれば警察も動いてくれる可能性が高くなります。

関連する記事